2011年01月19日

不妊治療薬 ゴナールエフ皮下注ペン300


個人差に合わせて

利用できる


 

不妊治療はつらくない
 
女性の排卵の誘発と、
男性の精子形成を誘導する効果があります

低用量のタイプがあると
女性患者を中心に
服薬コンプライアンスの向上が見込めます

 
新用量の不妊治療薬を発売−個人差に合わせた投与を
医療介護CBニュース 1月6日(木)



胚 i-wishママになりたい/ 不妊治療情報センター
 
 
 




posted by 子宝に恵まれるブログ at 16:26 | 不妊の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。